大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある秋津洲法律事務所の情報

投稿日:

わたしは2ねんまえに自己破産した51歳のみこん女です。

このページでは、自己破産を検討しているかたに、私の体験からわかった内容をおつたえしています。

結論からいうと、自己破産はべんごしにむりょうそうだんして代わりでもうしたててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

秋津洲法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目10-2-903

TEL:TEL 06-6365-7257

何で自己破産を申し立てたのかを話しします。

びじねすの商材やセミナーの入手をクレカのリボ払いで決済していました。

まいつきのきゅうりょうよりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、手術費がかかるので、リボばらいのりそくを支払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会にでんわで話をしてみたのです。

すると自己破産でリボばらいの利息をゼロにして、借金がないじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

それから自分のじゅうしょからきんきょりのほうりつ事務所に通話して、直接じむしょに行って、30分の無料相談をしたのです。

事務所には2度足を運ぶだけでした。

そして電話と郵送でじむしょや弁護士と連絡をとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産のもうしたてには着手金とべんごしさんの代理援助をごうけいしてほぼ15万円掛かりました。

15万円を支払うちからがなかったので、法テラスの扶助制度を使用して、一時的に建て替えました。

15万円を私の返済する能力にあうようにして、必要としたお金を毎月1度法テラスに口座振替で支払いました。

遂には、法律じむしょに相談に足を運んでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可を受けたのです。

自己破産は、わたしの人生の汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレカがしようできない欠点があるわけです。

しかし、はさんしたことを他の人にいわなければ知られずにすむのです。

私がじこはさんしてしまった事を知る人は、ごくげんていされているのです。

リボ払いのりそくがなくなったことで、借金の心配がなくなりました。

ちかごろはクレカの期間が早くおわるようにと待ちながらおしごとにいます。

ということから、自己破産の申し立てをけんとうしているなら、めんさいにじかんが要するので、はじめからべんごし事務所にでんわして無料そうだんをやってもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.