大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある池内総合法律事務所(弁護士法人)大阪事務所の情報

投稿日:

私は4ねんまえにじこはさんした52歳のどくしん女です。

このページでは、自己破産を検討しているひとに、私の実例からわかったお話を書いています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士にタダで相談して代わりで申し立ててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

池内総合法律事務所(弁護士法人)大阪事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目10-2

TEL:TEL 06-6362-9262

どういう訳でじこはさんを申し立てたのかをお伝えします。

スキルアップの商材やじゅくの購入をクレカのリボ払いでしはらいしていました。

1かげつのしゅうにゅうよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある日大病をわずらい、治療費用が必要なので、リボばらいのりそくを払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやそのエリアの弁護士会にでんわで話をしました。

そうしたらじこはさんでリボ払いの利息を無しにして、しゃっきんが無い状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そうしてじぶんの所在地から近いほうりつじむしょにつうわして、じかにじむしょにいって、30分の無料相談をしたのです。

事務所には二度足を運ぶだけでした。

そうして通話と郵送で事務所やべんごしとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士のだいりえんじょを合計しておよそ15万円必要でした。

15万円を支払う力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使って、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私の返済するちからにあわせて、かかったお金をまいつき法テラスに口座引落ではらいました。

けっきょくは、弁護士事務所に面談に足を運んでから十か月後に、じこはさんの免責が許可をうけました。

自己破産は、私の人生の汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレカがりようできないデメリットがあります。

そのいっぽうで、じこはさんした事実を周囲にいわなければ知られずにすみます。

私がじこはさんしちゃったことを知っている方は、ごくげんていされているのです。

リボばらいの利息がなくなったことで、返済の苦しみが無くなりました。

現在はクレジットカードの期間が早く終わるようにと待ちながらしごとにいます。

ですから、自己破産のもうしたてをけんとうしているなら、免責にじかんがようするので、いそいでべんごしじむしょにれんらくして無料めんだんを受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.