大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある木村吉治法律事務所の情報

投稿日:

私はかなりまえに自己破産した48歳のきこん男性です。

このページでは、じこはさんをけんとうしているひとに、私の経験からわかったないようをお伝えしています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士さんにタダでそうだんしてかわりでもうしたててもらうと円滑に免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

木村吉治法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目10-2-904

TEL:TEL 06-6365-7676

なんで自己破産を申し立てたのかをお伝えします。

ビジネスのしょうざいや講習会のこうにゅうをクレジットカードのリボ払いで清算していました。

つきの給与よりもリボばらいの利息のたかくなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、治療費が払うことになるので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯で相談をしました。

そうしたらじこはさんでリボばらいの利息をゼロにして、借金がぜろのじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

その後うちのきょじゅうちから近い法律事務所に通話して、直接事務所にいって、30分の無料相談をおこないました。

事務所には2かいでむくだけでした。

そして通話と郵送でじむしょや弁護士とコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続を進めました。

じこはさんの申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助を合計して約15万円必要でした。

15万円をしはらう能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使用して、そのときだけ建て替えました。

15万円をわたしの支払いする能力に応じて、かかった費用を月毎に法テラスにこうざふりかえではらいました。

結果的には、法律じむしょに面談に行ってから十か月後に、自己破産の免責がきょかをしてもらいました。

自己破産は、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレジットカードが使用できないデメリットがあります。

ですが、はさんしたじじつを他の人に言わなければきづかれずに済みます。

わたしがはさんしたことをしる人は、ごく限られているというわけです。

リボばらいのりそくがゼロになったことで、返済のふあんがなくなりました。

ちかごろはカードのきげんが早く終わるようにと待ちながらお仕事にいるわけです。

とにかく、自己破産の申立てを考えているなら、めんさいに時間がひつようなので、直ちに法律事務所に連絡してむりょうそうだんをやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.