大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある宮崎綜合法律事務所(弁護士法人)の情報

投稿日:

私は11かげつまえに自己破産した四十代シングルのだんせいです。

このHPでは、自己破産をけんとうしているひとに、わたしのじつれいから得た内容を書いています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士に無料相談して代わりでもうしたててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

宮崎綜合法律事務所(弁護士法人)

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目10-2-13F

TEL:TEL 06-6363-1151

どんなりゆうでじこはさんをもうしたてたのかをかたりします。

スキルアップのしょうざいやセミナーの入手をカードのリボ払いで決済していました。

毎月のしゅうにゅうがくよりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、手術費が必要になるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

とほうにくれたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で相談をしてみたのです。

すると自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

それから私の住所からあまりはなれていない弁護士事務所に電話して、直で事務所に出向いて、30分のむりょうめんだんを行ないました。

じむしょには二回足を運ぶだけでした。

それから通話とゆうそうでじむしょや弁護士とれんらくをとりあってじこはさんの手続きを進めました。

じこはさんのもうしたてには着手金とべんごしの代理援助を合わせておよそ15万円費やしました。

15万円をはらうちからがなかったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、そのときだけ建て替えました。

15万円をわたしの返済する能力に合うようにして、必要とした金額を月毎に法テラスに口座引落で支払いました。

さいしゅうてきには、法律じむしょに相談に足を運んでから十か月後に、自己破産の免責がきょかをうけました。

じこはさんは、私の生涯の汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、カードが使えないデメリットがあるわけです。

けれども、自己破産した事を誰にも言わなければしられずに済むのです。

わたしがじこはさんした事実を知るひとは、ごくげんていされています。

リボばらいの利息がゼロになったことで、へんさいのふあんがなくなったのです。

いまははクレカのきげんがはやく終わるようにと待ちながらお仕事にいるわけです。

ということで、自己破産の申し立てをかんがえているなら、めんさいに時間がかかるので、直ちにべんごし事務所にれんらくして無料めんだんを受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.