大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある徳矢法律事務所の情報

投稿日:

私は11かげつまえに自己破産した33歳のみこん男性です。

このブログでは、じこはさんを考えている方に、私の事例から得たお話をおつたえしています。

結論からいうと、じこはさんはべんごしに無料相談して代理で申し立ててもらうと問題なくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

徳矢法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目7-26

TEL:TEL 06-6364-5046

何故自己破産を申し立てたのかをおつたえします。

自己啓発のテキストやセミナーのこうにゅうをカードのリボ払いで決済していました。

つきの収入額よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

あるときたいびょうをわずらい、いりょうひがはらうことになるので、リボ払いのりそくを支払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話でおはなしをしました。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息を無しにして、借金がぜろのじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

その後わたしの所在地からちかい弁護士じむしょにでんわして、直接事務所にいって、30分のむりょうそうだんをしたわけです。

じむしょには2度足を運ぶだけでした。

そして通話とゆうそうでじむしょや弁護士さんと連絡をとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産の申立てには着手金とべんごしのだいりえんじょを合わせてほぼ15万円つかいました。

15万円を支払うちからが無かったので、法テラスの扶助制度をしようして、一時的に建て替えました。

15万円を私の返済する能力にあわせて、掛かったお金を月毎に法テラスにこうざひきおとしで支払いました。

結果的には、法律事務所にそうだんにあしをはこんでから十か月後に、じこはさんのめんさいが許可をうけたのです。

自己破産は、私の一生の汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、カードがりようできない欠点があるわけです。

ですが、はさんした事をまわりに言わなければしられずに済みます。

私がじこはさんしたことを知るひとは、ごく限定されているのです。

リボ払いのりそくが無くなったことで、返済の不安がありません。

現在はクレカの期限があっという間に終わるようにと待ちながらしごとにいます。

ということから、自己破産のもうしたてを考えているなら、免責にじかんが要するので、直ちにほうりつじむしょにでんわして無料の面談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.