大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある佐藤法律事務所の情報

投稿日:

私は1年前にに自己破産した30歳の独身じょせいです。

当ページでは、自己破産を検討しているかたに、私の体験からえたないようを書いています。

こたえからいうと、じこはさんは弁護士に無料面談して代理で申し立ててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

佐藤法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目8-5-6F-B

TEL:TEL 06-6360-0500

何でじこはさんを申し立てたのかをおはなしします。

びじねすのテキストやこうしゅうかいの購入をカードのリボ払いで決済していました。

まいつきの収入額よりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

あるときたいびょうをわずらい、手術費が払うことになるので、リボ払いのりそくをしはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会にでんわでお話を行ないました。

するとじこはさんでリボばらいの利息をぜろにして、借金がない状態にしたらどうかとていあんされました。

そして自分のしょざいちからきんきょりの弁護士事務所につうわして、直接事務所にいって、30分の無料そうだんをしたわけです。

じむしょには2回行くだけでした。

そして電話とゆうびんでじむしょや弁護士とれんらくをとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申立てには着手金とべんごしさんの代理援助を合わせるとやく15万円かかりました。

15万円を払うちからがありませんでしたので、法テラスの扶助制度を利用することで、一時的に建て替えました。

15万円を私のへんさいする能力に応じて、かかったおかねを毎月1回法テラスにこうざひきおとしでしはらいました。

さいしゅうてきには、法律じむしょに面談にいってから十か月後に、自己破産の免責が許可を受けたのです。

自己破産は、わたしの人生の汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレカがしようできないデメリットがあるというわけです。

けれども、破産した事実を他の人に言わなければきづかれずにすむのです。

私がはさんしてしまったことを知るひとは、ごくかぎられています。

リボばらいの利息がゼロになったことで、しゃっきんのなやみが無くなりました。

今はカードの期限がはやくおわるようにとまちながら仕事にいます。

ということで、じこはさんのもうしたてを考えているなら、免責にじかんがかかるので、いそいで弁護士じむしょに電話して無料面談をやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.