大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある徳矢法律事務所の情報

投稿日:

私は2ねんまえに自己破産した45歳のシングルの女性です。

当ホームページでは、自己破産をけんとうしているひとに、私のたいけんからわかったおはなしをお伝えしています。

答えからいうと、自己破産は弁護士さんに0えんで相談して代理でもうしたててもらうともんだいなくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

徳矢法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目7-26

TEL:TEL 06-6364-9415

どうして自己破産を申し立てたのかを語りします。

じこけいはつの商材やセミナーのこうにゅうをクレカのリボ払いで決済していました。

月の給与よりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、ちりょうひがかかるので、リボばらいの利息を支払いきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわではなしをしたのです。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、借金がゼロの状態にしたらどうかと提案されました。

そのごじぶんの居住地からあまり離れていないほうりつ事務所に電話して、直接事務所に出向いて、30分のむりょう相談をしたのです。

事務所には2回行くだけでした。

そしてつうわと郵送でじむしょや弁護士さんとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続をすすめました。

自己破産のもうしたてには着手金と弁護士の代理援助をあわせると約15万円つかいました。

15万円を支払う能力が無かったので、法テラスの扶助制度を活用して、一時的に建て替えました。

15万円をわたしの支払するちからにおうじて、かかった費用を月毎に法テラスに口座引き落としで払いました。

ついには、弁護士事務所に相談に行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可されました。

自己破産は、わたしのしょうがいの汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、カードがつかえないデメリットがあるのです。

ですが、じこはさんしたことを周りのひとにいわなければきづかれずにすみます。

私がじこはさんしたじじつを知るひとは、ごくかぎられているわけです。

リボばらいの利息がなくなったことで、へんさいの心配がなくなったのです。

最近はクレカの期間があっという間に終わるようにと待ちながら仕事にいるのです。

という訳で、じこはさんの申し立てをかんがえているなら、めんさいにじかんがひつようとなるので、ただちに法律事務所に連絡して無料相談をやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.