大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある門脇隆宏の情報

投稿日:

私は前に自己破産した50代独身だんせいです。

当サイトでは、自己破産を考えている方に、私のけいけんから得たないようをつたえています。

結論からいうと、じこはさんはべんごしさんにただでそうだんして代理で申し立ててもらうと円滑に免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

門脇隆宏

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目10-2-902

TEL:TEL 06-6362-5851

どういうりゆうで自己破産をもうしたてたのかをおつたえします。

じこけいはつのてきすとやこうしゅうかいの入手をカードのリボ払いで決済していました。

つきの給料よりもリボばらいの利息のたかくなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、しゅじゅつひが払うことになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話でお話をしました。

そうすると自己破産でリボばらいのりそくをぜろにして、しゃっきんがないじょうたいにしたらどうかとアドバイスされました。

そしてわたしの住所から近いほうりつ事務所につうわして、直接じむしょにでかけて、30分の無料相談をおこないました。

事務所には2どでむくだけでした。

そしてつうわとゆうそうで事務所やべんごしと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせてほぼ15万円必要でした。

15万円をしはらうのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度をかつようして、いちじてきにたてかえました。

15万円を私の支払する能力に合わせて、かかったお金をつきごとに法テラスに口座引き落としでしはらいました。

けっかてきには、弁護士じむしょにめんだんに行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可を受けました。

自己破産は、わたしの一生の汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、カードがりようできないデメリットがあるわけです。

ですが、じこはさんした事実をほかのひとにいわなければしられずに済みます。

わたしがはさんしたことをしっている人は、ごく限られています。

リボ払いのりそくがなくなったことで、へんさいの不安がありません。

ちかごろはクレカのきかんがあっというまに終わるようにとまちながらお仕事にいます。

よって、自己破産の申立てを検討しているなら、めんさいに時間がかかるので、はじめからほうりつじむしょにれんらくして無料面談を受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.