大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある川合孝郎の情報

投稿日:

私は前にじこはさんした四十代シングルの女です。

このサイトでは、自己破産をけんとうしているひとに、私の体験からえたお話をつたえています。

結論からいうと、自己破産はべんごしさんにタダで相談してだいりで申し立ててもらうと円滑にめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

川合孝郎

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目6-8-619

TEL:TEL 06-6316-1695

どういう訳で自己破産をもうしたてたのかをはなしします。

スキルアップのテキストやじゅくの入手をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

1か月の給与よりもリボ払いのりそくのこうがくになってしまいました。

あるひたいびょうをわずらい、治療費がひつようなので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわではなしをしました。

すると自己破産でリボばらいの利息をぜろにして、しゃっきんがゼロの状態にしたらどうかと提案されました。

そのごわたしの所在地からきんきょりの弁護士事務所につうわして、直接事務所に出向いて、30分の無料めんだんをおこないました。

事務所には2度行くだけでした。

そしてつうわと郵送で事務所やべんごしとれんらくをとりあって自己破産のてつづきをすすめました。

じこはさんの申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士さんの代理援助をあわせてだいたい15万円かかりました。

15万円をはらう能力が無かったので、法テラスの扶助制度をしようして、すこしのあいだだけ建て替えました。

15万円を私のしはらいする力に従って、かかったお金を月毎に法テラスに口座振替ではらいました。

さいしゅうてきには、べんごし事務所にそうだんにいってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可を受けたのです。

自己破産は、わたしの生涯の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使用できないデメリットがあるわけです。

しかし、自己破産したことを周りにいわなければ気づかれずに済みます。

私が自己破産したことを知っている人は、ごく限定されています。

リボばらいの利息がゼロになったことで、返済の心配がきえました。

げんざいはクレカの期間があっというまに終わるようにと待ちながらお仕事にいるのです。

そういうわけで、自己破産の申立てを検討しているなら、めんさいにじかんが必要なので、ためらわずにほうりつ事務所に連絡して無料相談をうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.