大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある川合法律事務所の情報

投稿日:

わたしはすうねんまえに自己破産した五十代既婚おとこです。

当記事では、じこはさんを考えているかたに、私のけいけんからえた内容をしるしています。

こたえからいうと、自己破産はべんごしに無料めんだんして代理で申し立ててもらうとスムーズにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

川合法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目6-8-619

TEL:TEL 06-6361-2486

何で自己破産を申し立てたのかをはなしします。

ビジネスのテキストや講習会の入手をカードのリボ払いで決済していました。

毎月のしゅうにゅうよりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

あるひたいびょうをわずらい、しゅじゅつひが必要になるので、リボばらいの利息を支払いきれなくなりました。

途方に暮れたわたしは、消費生活センターやその地域の弁護士会にでんわで相談をしました。

そうすると自己破産でリボばらいの利息をゼロにして、しゃっきんがないじょうたいにしたらどうかと提案されました。

それからじぶんの所在地からちかくにあるべんごしじむしょに電話して、直接事務所に行って、30分の無料そうだんをしたんです。

事務所には二度行くだけでした。

そして電話と郵便で事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申立には着手金と弁護士のだいりえんじょをあわせておよそ15万円ひつようでした。

15万円を支払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度をかつようして、いちじてきにたてかえました。

15万円をわたしの支払いする力に合わせて、かかったきんがくをまいつき法テラスに口座引落ではらいました。

けっきょくは、ほうりつじむしょに相談に行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可されました。

じこはさんは、私のいっしょうの汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレカが使えないデメリットがあります。

けれども、じこはさんした事をほかの人にいわなければきづかれずにすみます。

私がはさんしちゃったじじつを知るひとは、ごく限定されています。

リボ払いの利息がなくなったことで、借金の悩みがありません。

現在はクレカの期間があっというまに終わるようにとまちながら仕事にいるわけです。

ということで、じこはさんの申し立てを考えているなら、めんさいに時間がひつようなので、ただちに弁護士事務所に連絡してむりょうの相談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.