大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるながやま・かしもと法律事務所の情報

投稿日:

わたしはすうねんまえに自己破産した30歳のシングルの男性です。

当記事では、じこはさんを考えている方に、私の体験からえた情報をかいています。

結論からいうと、自己破産は弁護士にむりょう面談してかわりで申し立ててもらうとスムーズにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

ながやま・かしもと法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目6-8-401

TEL:TEL 06-6362-8141

何で自己破産を申し立てたのかをお話します。

しかくのしょうざいやじゅくの購入をクレジットカードのリボばらいで決済していました。

毎月の収入よりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、いりょうひがひつようなので、リボ払いの利息を支払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやその地域の弁護士会にでんわでそうだんをしました。

そうしたらじこはさんでリボ払いの利息を無しにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかとていあんされました。

そのごわたしのじゅうしょから近い弁護士事務所に電話して、直に事務所に行って、30分の無料相談をおこないました。

事務所には2かい出向くだけでした。

そうしてでんわと郵便で事務所や弁護士とれんらくをとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせるとだいたい15万円ひつようでした。

15万円をしはらう力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、すこしのあいだだけたてかえました。

15万円を私の支払する能力に従って、掛かったきんがくを月に1回法テラスに口座引落で払いました。

さいしゅうてきには、ほうりつ事務所に面談に行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をうけました。

じこはさんは、私の生涯の汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレカが使えないデメリットがあります。

しかし、じこはさんしたことをまわりの人に言わなければ気づかれずにすむのです。

私がはさんしてしまったじじつをしる方は、ごく限られているというわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、借金のなやみがなくなりました。

げんざいはクレジットカードの期間がはやくおわるようにと待ちながらお仕事にいます。

というわけで、自己破産の申立てを考えているなら、免責に時間が必要なので、直ぐにべんごし事務所に連絡してむりょう相談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.