大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある至心法律事務所の情報

投稿日:

私は4年前に自己破産した35歳の独身男です。

当ページでは、自己破産を検討している方に、わたしの実例からえた情報を伝えています。

けつろんからいうと、じこはさんは弁護士にむりょうそうだんして代理でもうしたててもらうとスムーズにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

至心法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目8-5

TEL:TEL 06-6131-0720

どういうりゆうでじこはさんをもうしたてたのかをはなしします。

資格のてきすとや塾の入手をクレカのリボ払いでせいさんしていました。

1か月のしゅうにゅうよりもリボばらいの利息の高額になってしまいました。

ある時大病をわずらい、手術費がかかるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会にでんわでお話をしたわけです。

すると自己破産でリボ払いのりそくをゼロにして、借金が無いじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

そうして自分の住所から近距離の法律事務所につうわして、直接事務所にでかけて、30分の無料面談をおこないました。

事務所には二回でむくだけでした。

そしてでんわと郵便で事務所やべんごしさんとれんらくをとりあって自己破産のてつづきを進めました。

じこはさんの申立にはちゃくしゅきんとべんごしのだいりえんじょをあわせてやく15万円使いました。

15万円を払う能力が無かったので、法テラスの扶助制度を利用することで、その時だけたてかえました。

15万円を私の支払いするのうりょくにあわせて、ひつようとしたひようをまいつき法テラスに口座振替で支払いました。

けっきょくは、べんごしじむしょにそうだんにいってから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかをうけたのです。

じこはさんは、私のいっしょうの汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレカが利用できないデメリットがあります。

しかし、自己破産したことを誰にもいわなければしられずに済みます。

わたしが自己破産してしまったことを知っている人は、ごく限られているというわけです。

リボばらいの利息がゼロになったことで、しゃっきんの不安がない状態です。

ちかごろはカードの期間が早く終わるようにと待ちながらしごとにいます。

ですから、自己破産の申し立てを検討しているなら、免責に時間がかかるので、すぐにべんごし事務所に連絡して無料面談をやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.