大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある大谷・久保田法律事務所の情報

投稿日:

わたしは以前に自己破産した51歳の既婚男性です。

このHPでは、じこはさんを考えているかたに、わたしの体験から得た情報を記しています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士に0えんで相談してだいりでもうしたててもらうと問題なく免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

大谷・久保田法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目6-3-5C

TEL:TEL 06-6809-6961

どんな理由でじこはさんをもうしたてたのかをお話します。

資格のてきすとやセミナーのこうにゅうをクレカのリボ払いで支払いしていました。

毎月の収入よりもリボばらいの利息のたかくなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、医療費がはらうことになるので、リボばらいの利息をはらいきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で相談をおこないました。

そうしたら自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、借金が無いじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そのご自分のきょじゅうちから近い弁護士じむしょにつうわして、ちょくせつ事務所にいき、30分のむりょうそうだんをしたわけです。

事務所には2度あしをはこぶだけでした。

そして電話と郵便でじむしょや弁護士さんとれんらくをとりあって自己破産の手続をすすめました。

自己破産の申立には着手金と弁護士のだいりえんじょを合計しておよそ15万円ついやしました。

15万円を支払う能力が無かったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、そのときだけ建て替えました。

15万円を私の返済する能力にしたがって、必要としたお金を月に1回法テラスに口座振替ではらいました。

最終的には、弁護士じむしょに相談に足を運んでから十か月後に、自己破産の免責が許可をしてもらいました。

じこはさんは、わたしのじんせいの汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、カードがしようできないデメリットがあるのです。

その一方で、破産した事実を周りのひとにいわなければしられずにすむのです。

私がじこはさんした事を知っているひとは、ごくかぎられているのです。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいのふあんが無くなりました。

最近はクレカの期間が早くおわるようにと待ちながら仕事にいます。

ということで、自己破産の申立てをかんがえているなら、免責に時間が掛かるので、さいしょから弁護士じむしょにでんわして無料の面談をしてもらって手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.