大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある金澤法律事務所の情報

投稿日:

私は以前にじこはさんした44歳の独身女です。

このHPでは、じこはさんをかんがえているひとに、わたしのたいけんからわかった情報をおつたえしています。

結論からいうと、自己破産は弁護士に0円で相談してかわりで申し立ててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

金澤法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満6丁目7-4-708

TEL:TEL 06-6362-1160

何で自己破産をもうしたてたのかをお話します。

資格の教材や講習会の入手をクレジットカードのリボばらいで支払いしていました。

月のしゅうにゅうがくよりもリボ払いの利息の高額になってしまいました。

あるひたいびょうをわずらい、治療費用がかかるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話で相談をしたのです。

そうするとじこはさんでリボばらいのりそくをゼロにして、しゃっきんがないじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

それから自分のきょじゅうちからちかいほうりつじむしょにでんわして、直接じむしょにでむいて、30分の無料相談をしました。

事務所には二度いくだけでした。

それからでんわと郵送でじむしょや弁護士さんとれんらくをとりあって自己破産のてつづきを進めました。

じこはさんの申し立てには着手金と弁護士の代理援助をあわせるとやく15万円ついやしました。

15万円を払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度を活用して、一時的に建て替えました。

15万円を私の返済する能力にあわせて、かかった金額をまいつき法テラスにこうざふりかえで支払いました。

結果的には、弁護士事務所に面談に行ってから10ヶ月後に、じこはさんの免責がきょかをうけたのです。

じこはさんは、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、カードがりようできない欠点があるわけです。

けれども、破産したじじつをほかのひとにいわなければ気づかれずに済みます。

私が破産したじじつを知っている方は、ごく限られているわけです。

リボばらいのりそくがゼロになったことで、へんさいのしんぱいが消えました。

げんざいはクレカのきげんがあっというまに終わるようにと待ちながらおしごとにおります。

という訳で、自己破産の申し立てをけんとうしているなら、免責に時間が必要となるので、直ちにべんごし事務所にでんわしてむりょうそうだんを受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.