大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある山岡総合法律事務所の情報

投稿日:

わたしは以前に自己破産した40代シングルのおんなです。

この記事では、自己破産を考えているひとに、私の実例からわかった内容をしるしています。

結論からいうと、自己破産はべんごしさんにむりょう相談してかわりでもうしたててもらうとスムーズにめんさいきょかがもらえます。

近くの法律事務所

山岡総合法律事務所

所在地

〒550-0002大阪府大阪市西区江戸堀1丁目14-5

TEL:TEL 06-4803-0501

どういうわけで自己破産をもうしたてたのかをお話します。

びじねすの商材や塾のにゅうしゅをカードのリボ払いで清算していました。

まいつきの給料よりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、医療費がかかるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやそのエリアの弁護士会にけいたいではなしをしたのです。

そうしたら自己破産でリボ払いの利息をナシにして、しゃっきんがゼロのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そしてじぶんのしょざいちから近くにある法律事務所にでんわして、ちょくせつ事務所にでかけて、30分の無料そうだんをしました。

じむしょには2度出向くだけでした。

そして通話と郵送で事務所や弁護士さんと連絡をとりあってじこはさんの手続を進めました。

自己破産の申し立てにはちゃくしゅきんとべんごしのだいりえんじょを合わせてやく15万円使いました。

15万円をはらうのうりょくがありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使用して、少しの間だけ建て替えました。

15万円を私の支払する能力に合わせて、ひつようとしたお金を毎月1度法テラスに口座振替でしはらいました。

結局は、弁護士事務所に面談にいってから十か月後に、じこはさんの免責がきょかされました。

自己破産は、私のいっしょうの汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、カードが使えないけってんがあるのです。

そのいっぽうで、破産した事をまわりのひとにいわなければ知られずに済みます。

私が破産した事実をしる方は、ごく限られています。

リボばらいの利息がゼロになったことで、へんさいの不安がなくなったのです。

近頃はクレジットカードの期間が早くおわるようにと待ちながらおしごとにいます。

ですから、じこはさんの申し立てを考えているなら、免責に時間が要するので、いそいでべんごしじむしょに電話して無料相談をやってもらって手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.