大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるやまびこ法律事務所の情報

投稿日:

わたしはすこしまえにじこはさんした41歳の既婚女です。

この記事では、自己破産を考えているひとに、私の体験から得た内容をおつたえしています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士さんに0えんでめんだんして代理で申し立ててもらうと円滑に免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

やまびこ法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満3丁目13-9

TEL:TEL 06-6364-1500

何で自己破産を申し立てたのかをおつたえします。

スキルアップの教材や塾の入手をクレジットカードのリボ払いで清算していました。

ひと月の給与よりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

あるときたいびょうをわずらい、ちりょうひようがかかるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に携帯ではなしをしてみたのです。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息を無しにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そしてじぶんの住所から近距離の法律事務所に電話して、じかにじむしょにいって、30分のむりょうめんだんをしたのです。

事務所には二度いくだけでした。

そしてでんわとゆうびんで事務所やべんごしさんとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産のもうしたてには着手金とべんごしさんの代理援助をあわせておよそ15万円ひつようでした。

15万円を払う力がなかったので、法テラスの扶助制度を利用することで、いちじてきに建て替えました。

15万円を私の返済する能力に合うようにして、かかったお金を毎月1回法テラスに口座引落ではらいました。

けっかてきには、弁護士事務所に面談にいってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可されました。

じこはさんは、私の生涯の汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、カードが使用できないデメリットがあるというわけです。

けれども、じこはさんしたじじつを他人にいわなければ知られずに済みます。

わたしが自己破産した事実を知っているひとは、ごくかぎられています。

リボ払いの利息がなくなったことで、しゃっきんの不安がきえました。

今はクレジットカードの期限が早くおわるようにと待ちながら仕事にいるわけです。

とにかく、自己破産の申立てを検討しているなら、免責に時間がひつようなので、すぐに法律事務所に電話してむりょうのめんだんをうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.