大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある彩法律事務所の情報

投稿日:

私は10か月前に自己破産した四十代どくしん男性です。

当ページでは、じこはさんをけんとうしているかたに、私の事例からえたじょうほうをつたえています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士にむりょう相談してかわりでもうしたててもらうとスムーズにめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

彩法律事務所

所在地

〒541-0041大阪府大阪市中央区北浜3丁目1-12

TEL:TEL 06-6220-0031

どうして自己破産を申し立てたのかをお話します。

びじねすのテキストやセミナーの購入をクレカのリボ払いで清算していました。

1か月のきゅうりょうよりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費が必要なので、リボばらいのりそくを支払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話で相談を行ないました。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息をぜろにして、借金がないじょうたいにしたらどうかとアドバイスされました。

それから自分の居住地からきんきょりのほうりつ事務所に電話して、直接じむしょに出掛けて、30分の無料そうだんをしました。

事務所には2ど行くだけでした。

そして通話とゆうそうでじむしょや弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産のもうしたてには着手金とべんごしの代理援助をあわせると約15万円かかりました。

15万円を支払う能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をつかって、すこしのあいだだけたてかえました。

15万円を私のへんさいするのうりょくに応じて、かかった金額を毎月法テラスに口座引落で支払いました。

さいしゅうてきには、ほうりつじむしょに相談にあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をうけました。

自己破産は、私の生涯の汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、カードが利用できない欠点があります。

ですが、破産した事実を他の人にいわなければ気づかれずに済みます。

私が自己破産したことを知る人は、ごく限定されているわけです。

リボばらいのりそくがなくなったことで、借金の悩みがありません。

最近はクレカのきかんが早く終わるようにと待ちながらしごとにいるわけです。

ですから、自己破産の申し立てをけんとうしているなら、めんさいに時間がかかるので、すぐにべんごし事務所に連絡して無料の面談を受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.