大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

堺市 大阪府

大阪府堺市にある堺中央法律事務所の情報

投稿日:

私はまえに自己破産した38歳のどくしん男性です。

このHPでは、自己破産を考えている方に、私のけいけんから得たないようをつたえています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士さんに無料面談して代わりでもうしたててもらうと問題なくめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

堺中央法律事務所

所在地

〒590-0079大阪府堺市堺区新町4-7-5F-C

TEL:TEL 072-225-5781

なぜ自己破産を申し立てたのかをおはなしします。

ビジネスの商材やじゅくのこうにゅうをカードのリボ払いでせいさんしていました。

ひと月の給料よりもリボばらいのりそくの高くなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、しゅじゅつひがかかるので、リボ払いのりそくを支払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にけいたいで話をしてみたのです。

そうしたら自己破産でリボ払いのりそくをなしにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

そうして自分の居住地からあまりはなれていないべんごしじむしょにでんわして、直に事務所にでかけて、30分のむりょう相談をしました。

事務所には2かい足を運ぶだけでした。

それから電話と郵便でじむしょや弁護士と連絡をとりあってじこはさんのてつづきを進めました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしさんの代理援助を合わせておよそ15万円費やしました。

15万円をしはらうちからが無かったので、法テラスの扶助制度をつかって、一時的に建て替えました。

15万円を私の支払する能力に応じて、ひつようとしたきんがくを1か月ごとに法テラスにこうざひきおとしでしはらいました。

けっきょくは、弁護士じむしょにはなしに足を運んでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をしてもらいました。

自己破産は、わたしの人生の汚点です。

デビットカードは使えるけれど、カードが使用できないデメリットがあるというわけです。

その一方で、破産した事をしゅういにいわなければ知られずに済みます。

私が破産しちゃった事実を知っているひとは、ごく限定されています。

リボばらいの利息が無くなったことで、借金のくるしみがなくなりました。

いまははクレジットカードの期限が早く終わるようにと待ちながらしごとにおります。

という訳で、自己破産の申し立てをけんとうしているなら、めんさいに時間が必要となるので、最初からほうりつ事務所に連絡して無料面談を受けて手続を。

-堺市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.