大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある堀政哉法律事務所の情報

投稿日:

私はすこしまえに自己破産した49歳のきこん男性です。

このサイトでは、じこはさんを検討している方に、私の体験からえた情報をつたえています。

結論からいうと、じこはさんは弁護士にむりょうめんだんしてだいりで申し立ててもらうとすいすいと免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

堀政哉法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満4丁目7-1-203

TEL:TEL 06-6360-7871

どんな理由で自己破産を申し立てたのかを語りします。

じこけいはつのてきすとやスクールの購入をカードのリボ払いで支払いしていました。

ひと月の収入額よりもリボばらいの利息のこうがくになってしまいました。

あるひ大病をわずらい、しゅじゅつひが必要なので、リボ払いのりそくをしはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に携帯でおはなしをしました。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息をゼロにして、借金がゼロの状態にしたらどうかと提案されました。

その後わたしのじゅうしょからあまりはなれていない弁護士じむしょにでんわして、直接事務所に行って、30分の無料面談をしました。

事務所には二度行くだけでした。

そして通話と郵送でじむしょや弁護士さんと連絡をとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしさんの代理援助を合わせてやく15万円費やしました。

15万円を支払う力がなかったので、法テラスの扶助制度をつかって、そのときだけたてかえました。

15万円を私の支払いする能力に合わせて、かかったお金を月に1回法テラスに口座振替でしはらいました。

けっかてきには、法律じむしょに相談にいってから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかを受けました。

じこはさんは、私の人生の汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレカがつかえないけってんがあります。

ですが、はさんしたことを周りにいわなければ知られずに済みます。

私が自己破産したことをしる人は、ごく限られているというわけです。

リボ払いの利息がなくなったことで、借金のなやみがありません。

げんざいはクレカの期間が早くおわるようにと待ちながらしごとにいるのです。

ということで、自己破産の申立てを考えているなら、免責にじかんがひつようとなるので、直ちにべんごし事務所にれんらくして無料相談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.