大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある岸本法律事務所の情報

投稿日:

私は1年前ににじこはさんした40代既婚女性です。

この記事では、じこはさんをかんがえているひとに、わたしの経験からわかったお話をしるしています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士にただで相談して代理で申し立ててもらうと円滑に免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

岸本法律事務所

所在地

〒550-0002大阪府大阪市西区江戸堀1丁目1-11

TEL:TEL 06-6479-0220

どういう理由で自己破産をもうしたてたのかをおはなしします。

スキルアップのしょうざいやスクールの購入をカードのリボ払いで決済していました。

ひと月の収入よりもリボばらいのりそくの高くなってしまいました。

ある日たいびょうをわずらい、しゅじゅつひがはらうことになるので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

途方に暮れたわたしは、消費生活センターやそのエリアの弁護士会に電話でお話をおこないました。

そうすると自己破産でリボ払いの利息をゼロにして、借金がぜろの状態にしたらどうかとていあんされました。

その後自分のしょざいちから近い弁護士じむしょにつうわして、じかに事務所にいき、30分のむりょう面談をしました。

じむしょには2ど行くだけでした。

それからつうわとゆうびんで事務所や弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産のもうしたてにはちゃくしゅきんと弁護士の代理援助をあわせるとほぼ15万円費やしました。

15万円を払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度を使用して、そのときだけたてかえました。

15万円を私のしはらいするのうりょくにあうようにして、掛かった費用を月に1回法テラスにこうざふりかえでしはらいました。

けっかてきには、弁護士じむしょにめんだんに行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をうけたのです。

自己破産は、私のいっしょうの汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレカがつかえないデメリットがあります。

けれども、破産した事を他の人にいわなければ知られずに済みます。

わたしがはさんしちゃったことを知っている方は、ごくげんていされているというわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、借金のなやみが無くなりました。

今はカードの期限が早くおわるようにとまちながらお仕事にいます。

という訳で、じこはさんのもうしたてを考えているなら、めんさいに時間が必要なので、直ちに弁護士事務所に連絡して無料のめんだんを受けててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.