大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある仲元紹綜合法律事務所の情報

投稿日:

私は2年前ににじこはさんした三十代どくしんだんせいです。

この記事では、自己破産をかんがえている人に、私のたいけんからわかったおはなしをかいています。

結論からいうと、自己破産は弁護士に無料面談してかわりで申し立ててもらうと円滑に免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

仲元紹綜合法律事務所

所在地

〒550-0002大阪府大阪市西区江戸堀1丁目10-1-601

TEL:TEL 06-6441-2500

何故自己破産を申し立てたのかをお伝えします。

じこけいはつの商材やスクールの入手をクレカのリボ払いで決済していました。

ひと月のしゅうにゅうがくよりもリボ払いの利息の高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費用が必要なので、リボばらいの利息をはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話で相談をしました。

そうしたら自己破産でリボばらいのりそくをなしにして、借金がぜろの状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そうして自分の住所からきんきょりの法律事務所にでんわして、直でじむしょに行って、30分の無料めんだんをしました。

じむしょには二回足を運ぶだけでした。

そしてつうわと郵送でじむしょやべんごしさんと連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

じこはさんの申立には着手金とべんごしさんの代理援助を合わせてやく15万円つかいました。

15万円を払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、一時的にたてかえました。

15万円を私の支払いする力にしたがって、必要とした費用を毎月1度法テラスに口座引き落としで支払いました。

けっかてきには、弁護士事務所にそうだんにあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可を受けました。

自己破産は、私のしょうがいのおてんです。

デビットカードは使えるけれど、クレカが利用できないけってんがあります。

ですが、はさんしたじじつをほかのひとにいわなければしられずにすむのです。

私が自己破産しちゃった事をしっている人は、ごく限定されているわけです。

リボばらいの利息がなくなったことで、借金のしんぱいがなくなりました。

現在はクレカのきげんがあっという間に終わるようにと待ちながらお仕事にいるわけです。

そういうわけで、自己破産の申立てを考えているなら、免責に時間が要するので、最初から弁護士事務所に電話して無料のめんだんをうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.