大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある北川総合法律事務所の情報

投稿日:

私はかこに自己破産した40代独身男です。

この記事では、自己破産をかんがえているひとに、私の体験からえたじょうほうを記しています。

けつろんからいうと、自己破産は弁護士にただでそうだんしてかわりでもうしたててもらうと円滑に免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

北川総合法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満5丁目10-17

TEL:TEL 06-6940-0260

どういうわけでじこはさんをもうしたてたのかをはなしします。

資格のてきすとや塾のこうにゅうをカードのリボばらいで決済していました。

つきの収入額よりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

あるひ大病をわずらい、手術費がひつようなので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯ではなしを行ないました。

すると自己破産でリボ払いのりそくをゼロにして、借金がゼロのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そして私の住所から近いほうりつ事務所に電話して、直に事務所に行って、30分の無料そうだんをしたわけです。

じむしょには2度出向くだけでした。

そしてでんわと郵送で事務所やべんごしさんと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申立には着手金と弁護士の代理援助をあわせるとやく15万円ついやしました。

15万円をはらう能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度を使用して、いちじてきにたてかえました。

15万円を私の返済する力に合わせて、掛かったおかねを1か月毎に法テラスに口座振替で支払いました。

さいしゅうてきには、法律事務所にそうだんにあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかをうけました。

自己破産は、私の人生の汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレジットカードがしようできないデメリットがあります。

けれども、はさんしたことをだれにもいわなければ知られずに済むのです。

私が自己破産したことを知っているひとは、ごく限られているわけです。

リボ払いのりそくがゼロになったことで、借金の悩みがなくなったのです。

近頃はカードのきかんがあっという間に終わるようにと待ちながら仕事にいるのです。

ということから、じこはさんの申立てを考えているなら、めんさいにじかんが掛かるので、はじめから弁護士事務所に電話して無料相談を受けて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.