大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある澤田政道法律事務所の情報

投稿日:

わたしはまえに自己破産した34歳のどくしんおとこです。

このサイトでは、自己破産を検討している人に、私の経験からわかったないようをしるしています。

結論からいうと、じこはさんはべんごしさんに0えんで面談して代理で申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

澤田政道法律事務所

所在地

〒530-0002大阪府大阪市北区曾根崎新地2丁目6-30

TEL:TEL 06-6450-8571

何故じこはさんを申し立てたのかをお伝えします。

じこけいはつのしょうざいやじゅくの購入をクレジットカードのリボばらいで決済していました。

まいつきのしゅうにゅうよりもリボ払いのりそくの高くなってしまいました。

ある時たいびょうをわずらい、しゅじゅつひがひつようになるので、リボ払いのりそくをしはらいきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターやその地域の弁護士会に携帯で相談をしました。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息をなしにして、借金がゼロの状態にしたらどうかと提案されました。

それからわたしの住所からちかくにあるほうりつ事務所に電話して、じかに事務所に出向いて、30分のむりょうめんだんをしたんです。

じむしょには二度でむくだけでした。

そして電話とゆうびんで事務所やべんごしとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産のもうしたてにはちゃくしゅきんと弁護士さんの代理援助を合わせるとおよそ15万円かかりました。

15万円をはらう能力が無かったので、法テラスの扶助制度を使用して、一時的にたてかえました。

15万円を私の支払いするちからに合うようにして、かかったきんがくを毎月法テラスに口座引落でしはらいました。

最終的には、ほうりつ事務所に面談にあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかをしてもらいました。

自己破産は、私の一生の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレカがりようできないけってんがあるのです。

ですが、自己破産した事実を周囲にいわなければしられずにすむのです。

わたしが破産した事をしっているひとは、ごく限定されています。

リボ払いの利息がなくなったことで、へんさいのしんぱいがなくなったのです。

この頃はクレジットカードの期間が早く終わるようにと待ちながらしごとにいるわけです。

ということから、じこはさんの申立てを考えているなら、免責にじかんが必要となるので、いそいで法律事務所に電話して無料そうだんをやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.