大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある西岡芳樹法律事務所の情報

投稿日:

私はかなりまえにじこはさんした三十代独身じょせいです。

このページでは、じこはさんを考えているかたに、私のたいけんからわかったおはなしを記しています。

けつろんからいうと、じこはさんはべんごしさんに無料相談してだいりで申し立ててもらうとえんかつに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

西岡芳樹法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満2丁目9-3

TEL:TEL 06-6364-8868

どういう理由でじこはさんを申し立てたのかをお話します。

資格の商材やこうしゅうかいの入手をクレカのリボばらいで決済していました。

毎月のきゅうりょうよりもリボばらいのりそくのこうがくになってしまいました。

あるとき大病をわずらい、治療費用がはらうことになるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に携帯でそうだんをしてみました。

すると自己破産でリボばらいの利息をぜろにして、しゃっきんがぜろの状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そのごうちのじゅうしょから近いほうりつ事務所に電話して、直にじむしょに出かけて、30分の無料そうだんをしたのです。

事務所には2度あしをはこぶだけでした。

そうして電話と郵送で事務所や弁護士とれんらくをとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申し立てにはちゃくしゅきんとべんごしの代理援助をあわせて大体15万円掛かりました。

15万円をしはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度をしようして、すこしのあいだだけたてかえました。

15万円をわたしの返済するのうりょくに合わせて、必要としたおかねをまいつき法テラスにこうざふりかえでしはらいました。

結果的には、法律事務所にはなしに行ってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可を受けたのです。

じこはさんは、私の人生のおてんです。

デビットカードはりようできるけれど、カードが利用できないデメリットがあります。

だけども、はさんした事をまわりに言わなければ気づかれずに済みます。

わたしが自己破産したじじつをしっている人は、ごく限られています。

リボ払いの利息がなくなったことで、しゃっきんの心配が無くなりました。

げんざいはクレカの期限があっというまにおわるようにとまちながら仕事にいます。

そういうわけで、じこはさんの申立てをかんがえているなら、免責に時間がかかるので、はじめから弁護士事務所に電話して無料面談をしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.