大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある崔信義法律事務所の情報

投稿日:

私はすうねんまえに自己破産した40代既婚おんなです。

このサイトでは、自己破産を考えているひとに、私の実例からえたお話を記しています。

答えからいうと、自己破産は弁護士さんにただでそうだんしてだいりでもうしたててもらうとスムーズに免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

崔信義法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満1丁目7-4-201

TEL:TEL 06-6809-5881

どうして自己破産を申し立てたのかを話しします。

ビジネスの商材やセミナーのにゅうしゅをクレジットカードのリボ払いで清算していました。

月の収入額よりもリボばらいのりそくの高額になってしまいました。

ある時大病をわずらい、ちりょうひようがかかるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターや地元の弁護士会に電話でそうだんをおこないました。

そうしたらじこはさんでリボばらいの利息を無しにして、しゃっきんが無い状態にしたらどうかと提案されました。

そうして私のしょざいちから近い弁護士じむしょに電話して、直接事務所に出かけて、30分のむりょうそうだんをおこないました。

事務所には2かいいくだけでした。

それから通話とゆうびんでじむしょや弁護士と連絡をとりあって自己破産のてつづきをすすめました。

自己破産の申立てには着手金とべんごしさんの代理援助を合わせるとおよそ15万円かかりました。

15万円を支払う力がなかったので、法テラスの扶助制度を利用して、その時だけたてかえました。

15万円を私の返済するのうりょくに応じて、ひつようとした費用を毎月1回法テラスにこうざふりかえで払いました。

最終的には、弁護士事務所にめんだんに足を運んでから十か月後に、自己破産の免責が許可を受けたのです。

自己破産は、私の人生のおてんです。

デビットカードは使えるけれど、クレカが使えないデメリットがあるわけです。

だけども、破産したじじつをまわりに言わなければ知られずに済むのです。

わたしがじこはさんしちゃったことを知る方は、ごくげんていされています。

リボばらいの利息がゼロになったことで、返済のくるしみがなくなったのです。

今はクレカの期限が早く終わるようにと待ちながらおしごとにおります。

そういうわけで、じこはさんのもうしたてをけんとうしているなら、免責に時間がひつようなので、はじめからべんごし事務所に連絡してむりょうめんだんをうけて手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.