大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

堺市 大阪府

大阪府堺市にあるフォーゲル綜合法律事務所堺事務所の情報

投稿日:

私はかなりまえにじこはさんした41歳のどくしんじょせいです。

このページでは、じこはさんを考えている方に、私の体験からわかったお話を綴っています。

こたえからいうと、自己破産はべんごしさんに無料相談してだいりで申し立ててもらうともんだいなく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

フォーゲル綜合法律事務所堺事務所

所在地

〒590-0079大阪府堺市堺区新町4-7

TEL:TEL 072-232-5400

どういう訳で自己破産を申し立てたのかをお話します。

しかくのテキストやスクールの購入をクレカのリボ払いで決済していました。

毎月の収入額よりもリボ払いのりそくのたかくなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、医療費が払うことになるので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

途方に暮れたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に携帯でお話をしました。

そうしたら自己破産でリボ払いの利息をなしにして、借金が無い状態にしたらどうかとアドバイスされました。

その後わたしの住所からきんきょりの弁護士事務所に通話して、じかに事務所にでむいて、30分の無料面談をしたわけです。

事務所には2回行くだけでした。

そうして電話と郵便でじむしょや弁護士さんとコミュニケーションをとりあってじこはさんの手続を進めました。

じこはさんの申し立てには着手金と弁護士の代理援助をごうけいしておよそ15万円かかりました。

15万円を支払うちからが無かったので、法テラスの扶助制度をりようして、一時的に建て替えました。

15万円を私のしはらいするちからに応じて、必要としたお金を月毎に法テラスに口座振替でしはらいました。

ついには、法律事務所に相談に行ってから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可されました。

自己破産は、私の生涯の汚点です。

デビットカードはしようできるけれど、クレカが利用できないデメリットがあるのです。

ですが、自己破産したことをほかのひとにいわなければきづかれずに済むのです。

わたしが自己破産した事を知っている人は、ごく限定されているのです。

リボ払いのりそくが無くなったことで、へんさいの悩みが無くなりました。

この頃はクレジットカードのきげんがはやくおわるようにと待ちながらしごとにいます。

よって、自己破産のもうしたてを検討しているなら、免責にじかんが必要となるので、ためらうことなく弁護士事務所に連絡して無料そうだんを受けててつづきを。

-堺市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.