大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある間瀬場法律事務所の情報

投稿日:

私は過去に自己破産した39歳の独身男です。

このページでは、自己破産をけんとうしているひとに、私の実例から得たじょうほうを書いています。

けつろんからいうと、自己破産はべんごしに無料そうだんして代理でもうしたててもらうとスムーズに免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

間瀬場法律事務所

所在地

〒530-0047大阪府大阪市北区西天満5丁目9-5

TEL:TEL 06-6315-0087

なんで自己破産をもうしたてたのかをお話します。

じこけいはつのてきすとやこうしゅうかいの購入をクレジットカードのリボ払いでせいさんしていました。

ひと月の給料よりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、しゅじゅつひがはらうことになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会にけいたいで話をしたのです。

そうしたら自己破産でリボ払いのりそくをなしにして、借金がないじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

それからじぶんのしょざいちから近くにあるべんごし事務所に電話して、直接事務所に出かけて、30分の無料相談をおこないました。

事務所には二度あしをはこぶだけでした。

そして電話と郵便で事務所や弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申し立てには着手金とべんごしの代理援助をあわせてやく15万円費やしました。

15万円を払う能力が無かったので、法テラスの扶助制度を使って、一時的に建て替えました。

15万円を私の支払いするちからに応じて、かかった金額を月に1回法テラスに口座引き落としでしはらいました。

ついには、べんごし事務所にはなしにいってから十か月後に、自己破産の免責が許可を受けたのです。

自己破産は、わたしのしょうがいのおてんです。

デビットカードは利用できるけれど、クレカが使えない欠点があるわけです。

しかし、自己破産したことをほかのひとにいわなければ気づかれずに済みます。

私が破産してしまった事実をしっているかたは、ごくかぎられているというわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、借金のしんぱいがなくなりました。

このごろはクレジットカードの期限があっという間におわるようにと待ちながら仕事におります。

ということで、じこはさんのもうしたてを検討しているなら、めんさいに時間がかかるので、ためらうことなく弁護士事務所にれんらくしてむりょうのそうだんを受けて手続を。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.