大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある平松剛法律事務所(弁護士法人)の情報

投稿日:

私は10かげつまえに自己破産した40歳の独身おとこです。

当サイトでは、じこはさんを考えている方に、私のじれいから得た内容を伝えています。

こたえからいうと、自己破産はべんごしに0円で相談して代理で申し立ててもらうとえんかつに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

平松剛法律事務所(弁護士法人)

所在地

〒530-0001大阪府大阪市北区梅田1丁目1-3-2

TEL:TEL 0120-316543

どういうわけでじこはさんを申し立てたのかを語りします。

ビジネスの教材やセミナーの購入をクレカのリボばらいでけっさいしていました。

つきの収入よりもリボばらいの利息のたかくなってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費用がかかるので、リボ払いのりそくをはらいきれなくなりました。

困り果てた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に携帯で相談をおこないました。

すると自己破産でリボばらいの利息をぜろにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そのごじぶんのじゅうしょからあまりはなれていないべんごし事務所に電話して、ちょくせつ事務所に行って、30分のむりょう面談をしました。

じむしょには2回行くだけでした。

それから電話と郵送で事務所や弁護士さんと連絡をとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産の申立にはちゃくしゅきんとべんごしさんの代理援助をあわせるとだいたい15万円必要でした。

15万円を払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度をりようすることで、一時的に建て替えました。

15万円を私の支払いするのうりょくに合わせて、ひつようとしたお金をつきごとに法テラスに口座振替で払いました。

結局は、弁護士事務所にそうだんに行ってから十か月後に、自己破産の免責が許可をうけました。

じこはさんは、私のしょうがいの汚点です。

デビットカードはつかえるけれど、カードがつかえないデメリットがあるわけです。

ですが、破産したことを周囲にいわなければ知られずにすみます。

私がはさんしちゃった事を知っているかたは、ごくげんていされています。

リボばらいの利息がなくなったことで、返済のふあんが無くなりました。

今はクレジットカードの期間が早くおわるようにと待ちながらおしごとにいます。

ということから、じこはさんのもうしたてを考えているなら、免責にじかんが必要なので、急いでほうりつじむしょに電話してむりょう相談をしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.