大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にある大阪弁護士事務所(弁護士法人)重次法律事務所の情報

投稿日:

わたしは2年前ににじこはさんした43歳の未婚男です。

このサイトでは、じこはさんをけんとうしているかたに、私の体験からえた内容を書いています。

結論からいうと、自己破産は弁護士さんに0円で相談してかわりで申し立ててもらうともんだいなく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

大阪弁護士事務所(弁護士法人)重次法律事務所

所在地

〒530-0013大阪府大阪市北区茶屋町8-21-2705

TEL:TEL 0120-051529

どんな理由でじこはさんをもうしたてたのかを語りします。

スキルアップのテキストやセミナーの入手をクレジットカードのリボばらいで決済していました。

1かげつのしゅうにゅうがくよりもリボばらいの利息の高額になってしまいました。

ある時大病をわずらい、治療費が必要になるので、リボ払いの利息をはらいきれなくなりました。

とほうにくれたわたしは、消費生活センターやじもとの弁護士会にでんわで相談をしてみたのです。

そうするとじこはさんでリボ払いの利息をぜろにして、借金がぜろのじょうたいにしたらどうかとていあんされました。

そうしてわたしの住所から近距離のべんごし事務所に通話して、直で事務所に行って、30分の無料相談をしたのです。

事務所には2かい行くだけでした。

そして電話と郵送で事務所や弁護士と連絡をとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産のもうしたてにはちゃくしゅきんとべんごしさんの代理援助をまとめるとおよそ15万円つかいました。

15万円を払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度をうまくつかって、一時的にたてかえました。

15万円を私の返済する能力に合うようにして、かかったきんがくを月毎に法テラスに口座引落で支払いました。

遂には、弁護士事務所に相談にいってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可を受けたのです。

自己破産は、私の人生のおてんです。

デビットカードは使えるけれど、クレジットカードがしようできないデメリットがあるというわけです。

けれども、じこはさんしたことをまわりにいわなければ知られずにすむのです。

私がじこはさんしちゃった事をしっている人は、ごく限定されています。

リボばらいの利息がなくなったことで、返済のしんぱいがなくなったのです。

現在はクレジットカードの期間がはやく終わるようにと待ちながらお仕事にいます。

そういうわけで、じこはさんの申し立てを考えているなら、めんさいにじかんが掛かるので、ただちに弁護士事務所にれんらくしてむりょう相談をやってもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.