大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるアトム法律事務所大阪支部の情報

投稿日:

私は数年前に自己破産した40代独身だんせいです。

当ページでは、自己破産を検討している方に、私のじれいからえた情報を書いています。

結論からいうと、自己破産は弁護士に無料相談して代理で申し立ててもらうと円滑に免責きょかがもらえます。

近くの法律事務所

アトム法律事務所大阪支部

所在地

〒530-0057大阪府大阪市北区曾根崎2丁目5-10

TEL:TEL 0120-100815

何でじこはさんを申し立てたのかをおはなしします。

じこけいはつの商材やじゅくのこうにゅうをクレジットカードのリボ払いで支払いしていました。

1かげつの給料よりもリボばらいの利息の高くなってしまいました。

あるとき大病をわずらい、しゅじゅつひがひつようなので、リボばらいのりそくを払いきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやそのエリアの弁護士会に電話でおはなしをしました。

すると自己破産でリボばらいの利息をなしにして、借金がぜろのじょうたいにしたらどうかとアドバイスされました。

そのごうちのじゅうしょから近い法律事務所にでんわして、直接事務所に行って、30分のむりょうめんだんをしたわけです。

事務所には2回でむくだけでした。

そうして電話と郵送で事務所やべんごしと連絡をとりあってじこはさんの手続きを進めました。

じこはさんの申し立てにはちゃくしゅきんと弁護士さんの代理援助をまとめるとおよそ15万円費やしました。

15万円を支払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度を利用することで、そのときだけたてかえました。

15万円を私のしはらいするちからに合うようにして、かかった金額をつきごとに法テラスに口座引き落としではらいました。

遂には、ほうりつ事務所にそうだんにあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可されました。

自己破産は、私のじんせいの汚点です。

デビットカードはりようできるけれど、クレカが使えないデメリットがあるわけです。

ですが、破産した事を周囲にいわなければきづかれずに済むのです。

私が破産しちゃったことを知っているかたは、ごく限られているわけです。

リボ払いの利息がゼロになったことで、へんさいの心配がありません。

最近はクレジットカードの期限が早く終わるようにと待ちながらおしごとにおります。

そういうわけで、自己破産の申し立てをけんとうしているなら、めんさいにじかんがようするので、はじめから法律じむしょにでんわしてむりょうのめんだんをしてもらって手続きを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.