大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

大阪市 大阪府

大阪府大阪市にあるアトム法律事務所大阪支部の情報

投稿日:

わたしは4年前に自己破産した50代独身男性です。

当記事では、じこはさんを検討しているひとに、わたしのたいけんからえた情報を記しています。

こたえからいうと、自己破産は弁護士さんにただで面談してだいりでもうしたててもらうと円滑に免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

アトム法律事務所大阪支部

所在地

〒530-0057大阪府大阪市北区曾根崎2丁目5-10

TEL:TEL 0120-631276

どういうりゆうでじこはさんを申し立てたのかを話しします。

じこけいはつのしょうざいや塾の購入をクレジットカードのリボ払いで支払いしていました。

1かげつのしゅうにゅうよりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

あるときたいびょうをわずらい、治療費がはらうことになるので、リボ払いの利息を支払いきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にでんわでそうだんをしました。

すると自己破産でリボ払いのりそくをぜろにして、借金がない状態にしたらどうかと提案されました。

そのご自分のじゅうしょからあまりはなれていないべんごし事務所につうわして、直にじむしょに出向いて、30分の無料そうだんをおこないました。

事務所には2かいあしをはこぶだけでした。

それからでんわと郵送でじむしょやべんごしと連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

じこはさんの申し立てにはちゃくしゅきんとべんごしのだいりえんじょをごうけいして大体15万円つかいました。

15万円を支払うのうりょくがなかったので、法テラスの扶助制度を使って、いちじてきに建て替えました。

15万円を私のへんさいする能力に応じて、ひつようとしたお金を毎月法テラスに口座引落ではらいました。

結局は、弁護士事務所にめんだんに行ってから十か月後に、自己破産の免責がきょかを受けたのです。

自己破産は、私の人生の汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、クレジットカードが使えない欠点があるというわけです。

けれども、破産したことを誰にも言わなければしられずに済みます。

私が自己破産したことを知っている人は、ごく限られています。

リボ払いのりそくがなくなったことで、へんさいの苦しみが無くなりました。

今はクレカの期間があっというまに終わるようにとまちながらおしごとにおります。

ということで、自己破産のもうしたてを考えているなら、免責に時間が必要となるので、はじめから弁護士じむしょにでんわしてむりょうの面談をしてもらっててつづきを。

-大阪市, 大阪府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.