大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

京都市 京都府

京都府京都市にある富永愛法律事務所(弁護士法人)の情報

投稿日:

私は数年前に自己破産した37歳のみこん女性です。

当ページでは、じこはさんをけんとうしている人に、私のじつれいからわかった情報を綴っています。

結論からいうと、自己破産はべんごしさんに0えんで相談して代理でもうしたててもらうとすいすいとめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

富永愛法律事務所(弁護士法人)

所在地

〒604-0983京都府京都市中京区笹屋町445-4F-2

TEL:TEL F専 075-748-1242

何故自己破産を申し立てたのかをお話します。

ビジネスの教材やじゅくの入手をクレジットカードのリボ払いでしはらいしていました。

毎月のしゅうにゅうよりもリボばらいの利息の高額になってしまいました。

あるとき大病をわずらい、治療費用が必要になるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

困り果てたわたしは、消費生活センターや地元の弁護士会に携帯でそうだんを行ないました。

そうすると自己破産でリボ払いのりそくをゼロにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかと提案されました。

そのごわたしのしょざいちから近距離のほうりつ事務所につうわして、直接事務所にいって、30分の無料そうだんをしました。

事務所には2回あしをはこぶだけでした。

そしてつうわとゆうびんで事務所やべんごしさんとコミュニケーションをとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産のもうしたてには着手金と弁護士のだいりえんじょを合わせるとおよそ15万円必要でした。

15万円を支払う能力が無かったので、法テラスの扶助制度を活用して、一時的に建て替えました。

15万円を私の支払いする能力にあうようにして、かかったひようを1か月毎に法テラスに口座引落で支払いました。

ついには、弁護士事務所にそうだんに足を運んでから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可をうけました。

じこはさんは、私の人生のおてんです。

デビットカードはしようできるけれど、クレジットカードが使用できない欠点があるのです。

けれども、じこはさんしたじじつをまわりの人にいわなければ知られずにすむのです。

私がはさんしてしまった事実を知っている人は、ごく限られています。

リボ払いの利息が無くなったことで、返済のふあんがありません。

いまははクレカの期間がはやく終わるようにとまちながらお仕事に取りくんでいます。

とにかく、自己破産の申し立てを考えているなら、めんさいに時間が必要となるので、最初からほうりつ事務所に電話して無料めんだんをしてもらっててつづきを。

-京都市, 京都府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.