大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

京都市 京都府

京都府京都市にある島崎法律事務所の情報

投稿日:

私は10かげつまえに自己破産した55歳の既婚おとこです。

このサイトでは、自己破産をけんとうしている方に、私のじれいからわかったおはなしをしるしています。

結論からいうと、自己破産はべんごしに無料めんだんしてかわりでもうしたててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

島崎法律事務所

所在地

〒604-0805京都府京都市中京区夷川高倉東入百足屋146

TEL:TEL F専 075-253-2631

どういう理由で自己破産を申し立てたのかをおはなしします。

ビジネスの商材やセミナーの購入をクレカのリボ払いでしはらいしていました。

毎月の給料よりもリボ払いの利息のたかくなってしまいました。

ある時大病をわずらい、ちりょうひがかかるので、リボばらいの利息を払いきれなくなりました。

途方に暮れた私は、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に電話ではなしをしたのです。

そうすると自己破産でリボばらいの利息をゼロにして、借金がぜろの状態にしたらどうかと提案されました。

そのごじぶんのじゅうしょから近くにある弁護士じむしょにつうわして、ちょくせつ事務所に行って、30分の無料面談をしたんです。

事務所には2回足を運ぶだけでした。

そうしてでんわとゆうびんで事務所や弁護士と連絡をとりあって自己破産の手続きを進めました。

自己破産の申し立てには着手金と弁護士の代理援助を合わせるとおよそ15万円かかりました。

15万円をしはらう能力が無かったので、法テラスの扶助制度を使用して、一時的に建て替えました。

15万円を私のしはらいするのうりょくに従って、ひつようとしたお金を毎月1度法テラスに口座引き落としで支払いました。

最終的には、法律事務所に話にいってから10ヶ月後に、じこはさんの免責が許可をうけたのです。

じこはさんは、わたしの人生のおてんです。

デビットカードはしようできるけれど、クレカが使えないデメリットがあるのです。

ですが、じこはさんしたことを周りにいわなければ気づかれずにすむのです。

私がはさんした事実を知っているひとは、ごくかぎられています。

リボ払いのりそくが無くなったことで、へんさいの不安がなくなったのです。

現在はカードのきげんが早くおわるようにとまちながら仕事に取りくんでおります。

そういうわけで、自己破産の申し立てをかんがえているなら、免責にじかんがかかるので、いそいで法律事務所にでんわして無料の相談をうけて手続を。

-京都市, 京都府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.