大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

京都市 京都府

京都府京都市にある四季の風法律事務所の情報

投稿日:

わたしは数年前にじこはさんした32歳のどくしん男性です。

当ページでは、じこはさんをけんとうしているひとに、私の経験から得たおはなしをかいています。

答えからいうと、じこはさんは弁護士に0えんでそうだんしてだいりで申し立ててもらうと問題なく免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

四季の風法律事務所

所在地

〒600-8481京都府京都市下京区堀川四条下四条堀川286

TEL:TEL F専 075-342-3634

どんなりゆうで自己破産をもうしたてたのかをおはなしします。

自己啓発のてきすとや塾の購入をクレカのリボ払いでしはらいしていました。

ひと月の収入額よりもリボばらいのりそくの高くなってしまいました。

ある時大病をわずらい、いりょうひがひつようになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話でお話を行ないました。

そうしたらじこはさんでリボ払いの利息を無しにして、しゃっきんがない状態にしたらどうかとていあんされました。

その後わたしの住所から近いほうりつ事務所にでんわして、じかに事務所にいき、30分の無料相談を行ないました。

じむしょには2回行くだけでした。

そして電話と郵便で事務所やべんごしと連絡をとりあって自己破産のてつづきを進めました。

自己破産の申立には着手金と弁護士さんのだいりえんじょを合わせてほぼ15万円かかりました。

15万円を支払う能力がありませんでしたので、法テラスの扶助制度をりようすることで、そのときだけたてかえました。

15万円を私のしはらいする能力にあわせて、ひつようとしたひようを毎月法テラスにこうざふりかえで支払いました。

さいしゅうてきには、ほうりつ事務所に相談に行ってから10ヶ月後に、自己破産の免責が許可を受けたのです。

じこはさんは、私の一生の汚点です。

デビットカードは使用できるけれど、クレカが使えないけってんがあります。

だけども、自己破産した事をだれにもいわなければしられずに済みます。

私が自己破産したことを知っている人は、ごくかぎられています。

リボ払いの利息が無くなったことで、借金のふあんがきえました。

ちかごろはカードのきかんがはやく終わるようにとまちながらしごとにとりくんでいます。

ということから、自己破産のもうしたてを検討しているなら、免責に時間がひつようとなるので、直ちに弁護士じむしょに連絡して無料の面談をやってもらって手続きを。

-京都市, 京都府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.