大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

京都市 京都府

京都府京都市にある豊福法律事務所の情報

投稿日:

私は10か月前に自己破産した33歳の独身女です。

この記事では、自己破産を考えている方に、私のじれいから得た情報を記しています。

答えからいうと、自己破産はべんごしさんに0円でそうだんして代理で申し立ててもらうとすいすいとめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

豊福法律事務所

所在地

〒604-0994京都府京都市中京区竹屋町通寺町西入甘露町665

TEL:TEL F専 075-212-7531

どんな理由で自己破産を申し立てたのかをお伝えします。

自己啓発のきょうざいや講習会の購入をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

ひと月のきゅうりょうよりもリボばらいの利息のたかくなってしまいました。

ある時大病をわずらい、手術費が必要なので、リボ払いの利息をしはらいきれなくなりました。

とほうにくれた私は、消費生活センターやじもとの弁護士会に電話で相談をしました。

そうしたらじこはさんでリボ払いのりそくをなしにして、借金がない状態にしたらどうかとアドバイスされました。

そのごじぶんの住所からちかい弁護士じむしょに電話して、直接じむしょに行って、30分の無料めんだんをおこないました。

事務所には2回足を運ぶだけでした。

そしてつうわと郵便で事務所や弁護士さんと連絡をとりあって自己破産の手続を進めました。

自己破産の申立てには着手金と弁護士の代理援助を合計して約15万円かかりました。

15万円をしはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度をうまく使って、いちじてきに建て替えました。

15万円を私のしはらいするちからにあわせて、必要としたお金をまいつき法テラスにこうざひきおとしでしはらいました。

結局は、ほうりつ事務所にはなしに足を運んでから10ヶ月後に、自己破産のめんさいが許可されました。

じこはさんは、私のじんせいのおてんです。

デビットカードは使用できるけれど、クレジットカードがりようできないデメリットがあるのです。

だけども、はさんしたじじつを誰にもいわなければきづかれずにすみます。

私が自己破産しちゃった事をしる人は、ごく限定されています。

リボばらいの利息がゼロになったことで、へんさいの不安が消えました。

ちかごろはカードのきかんがあっという間におわるようにと待ちながらおしごとにせいをだしています。

とにかく、自己破産のもうしたてを考えているなら、めんさいに時間が掛かるので、はじめから弁護士じむしょに電話して無料の面談をうけて手続きを。

-京都市, 京都府
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.