大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

伊丹市 兵庫県

兵庫県伊丹市にある春名・田中・細川法律事務所の情報

投稿日:

私は過去に自己破産した45歳のシングルの男性です。

このサイトでは、自己破産を考えている方に、わたしの体験からわかったお話をお伝えしています。

けつろんからいうと、じこはさんは弁護士にむりょうめんだんして代理で申し立ててもらうとスムーズにめんさい許可がもらえます。

近くの法律事務所

春名・田中・細川法律事務所

所在地

〒664-0858兵庫県伊丹市西台1丁目2-11

TEL:TEL (代) 072-781-7327

どうして自己破産をもうしたてたのかをお伝えします。

びじねすのてきすとやセミナーの入手をクレジットカードのリボ払いで決済していました。

ひと月のきゅうりょうよりもリボ払いのりそくのこうがくになってしまいました。

ある日大病をわずらい、治療費用がはらうことになるので、リボ払いの利息を払いきれなくなりました。

こまりはてたわたしは、消費生活センターやそのちいきの弁護士会に携帯で相談を行ないました。

そうしたらじこはさんでリボ払いの利息をゼロにして、借金がぜろのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

そしてわたしのきょじゅうちからきんきょりの弁護士事務所にでんわして、直接事務所にでかけて、30分の無料相談をしたわけです。

事務所には2かい行くだけでした。

それからつうわとゆうびんで事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあってじこはさんのてつづきを進めました。

じこはさんの申立てには着手金と弁護士のだいりえんじょをまとめると大体15万円ついやしました。

15万円を払う能力がなかったので、法テラスの扶助制度をりようして、少しの間だけたてかえました。

15万円をわたしのへんさいする力におうじて、かかったひようを月毎に法テラスに口座振替で支払いました。

遂には、弁護士事務所に面談にいってから十か月後に、自己破産の免責が許可をうけたのです。

自己破産は、私のいっしょうのおてんです。

デビットカードはつかえるけれど、カードが使えないデメリットがあるというわけです。

その一方で、はさんしたことを他人に言わなければきづかれずに済むのです。

私が破産しちゃったじじつをしっている人は、ごくげんていされています。

リボばらいの利息がなくなったことで、返済のなやみが無くなりました。

今はクレジットカードのきげんがあっというまに終わるようにと待ちながら仕事に精を出しているのです。

ということで、じこはさんの申し立てを考えているなら、めんさいにじかんが掛かるので、すぐにべんごしじむしょにでんわしてむりょうめんだんをやってもらって手続きをしたほうがよいでしょう。

-伊丹市, 兵庫県
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.