大阪・京都・兵庫の弁護士事務所の情報

自己破産の相談は弁護士事務所へ

兵庫県 尼崎市

兵庫県尼崎市にある兵庫県弁護士会総合法律センター/阪神相談所の情報

投稿日:

私は過去に自己破産した31歳のみこん女です。

当サイトでは、自己破産をかんがえているひとに、私のたいけんからわかったないようを伝えています。

結論からいうと、自己破産はべんごしさんに0円で面談してだいりで申し立ててもらうとスムーズに免責許可がもらえます。

近くの法律事務所

兵庫県弁護士会総合法律センター/阪神相談所

所在地

〒660-0052兵庫県尼崎市七松町1丁目2-1-501C

TEL:TEL 06-4869-7613

なんで自己破産を申し立てたのかをかたりします。

スキルアップのしょうざいやセミナーのにゅうしゅをクレジットカードのリボ払いでしはらいしていました。

ひと月の収入額よりもリボ払いの利息のこうがくになってしまいました。

あるとき大病をわずらい、しゅじゅつひがはらうことになるので、リボ払いのりそくを払いきれなくなりました。

こまりはてた私は、消費生活センターや地元の弁護士会にけいたいで相談をしたわけです。

そうするとじこはさんでリボばらいの利息をなしにして、借金がゼロのじょうたいにしたらどうかと提案されました。

それからわたしの住所から近いべんごし事務所に電話して、ちょくで事務所にでむいて、30分の無料相談をおこないました。

事務所には2どでむくだけでした。

それから電話と郵便で事務所や弁護士とコミュニケーションをとりあって自己破産の手続きをすすめました。

自己破産の申立にはちゃくしゅきんとべんごしさんの代理援助をあわせると約15万円必要でした。

15万円をしはらう能力がなかったので、法テラスの扶助制度をりようして、そのときだけ建て替えました。

15万円を私のへんさいする能力にしたがって、ひつようとした金額を1か月ごとに法テラスに口座振替で支払いました。

遂には、べんごし事務所に話にあしをはこんでから10ヶ月後に、自己破産の免責がきょかをうけたのです。

自己破産は、私の生涯の汚点です。

デビットカードは利用できるけれど、カードがりようできないデメリットがあるというわけです。

そのいっぽうで、破産した事実を他の人にいわなければ気づかれずに済みます。

私が破産してしまった事実を知るかたは、ごくかぎられているのです。

リボばらいの利息がなくなったことで、借金の悩みがなくなったのです。

いまははカードのきげんが早くおわるようにとまちながら仕事に取りくんでいるのです。

ということから、自己破産のもうしたてを考えているなら、免責に時間が掛かるので、さいしょからほうりつ事務所にれんらくして無料のそうだんを受けててつづきをおこないましょう。

-兵庫県, 尼崎市
-, ,

Copyright© 自己破産の相談は弁護士事務所へ , 2018 AllRights Reserved.